追い詰められたブラックの最後の抜け道

金融機関から融資を受けるには、「この人に融資をしても大丈夫そうだ」という信頼が欠かせません。
その信頼をはかるために行われるのが、金融機関による審査です。

信頼がない人間は審査が通りませんから、融資を受けることができません。
銀行などの金融機関による融資のための審査には厳しい基準が設けられていて、少しでも疑わしく信頼に難がある顧客は、審査に弾かれるというのが基本です。

ブラックは金融業界における「詰み」だが抜け道はある

金融業界は、「信頼できない人間」のリストを共有していますから、ある金融機関と何らかのトラブルを起こした顧客は「ブラック」と呼ばれて、あらゆる金融機関から見放されます。

一度でもブラックとして顧客リストにのってしまったら、融資を受けるのは極めて難しいと考えなければなりません。では、ブラックでも借りれる金融は一つもないのか、というと、実はそうではありません。

ブラックでも借りれる金融は、あります。ブラックでも借りれる金融は、STAP細胞ではありませんから、あります。

ブラックでも借りれる金融では審査を通らないほうが難しい

しかも、極甘審査です。通常の金融機関の感覚からすると信じられないような極甘審査基準によって、ブラックでも絶対に借りれる金融があるのです。

それは、ソフト闇金です。ソフト闇金は、あらゆる金融機関から見放されたブラック中のブラックでも借りれる金融であり、ブラックでありながら融資を受けようとする人間が辿り着く最後の金融であるとも言われています。

「ソフト闇金の激甘審査によってブラックが融資を断られることよりも、ラクダが針の穴を通るほうがもっとやさしい」という言い回しを採用したくなるのが、ブラックでも借りれる金融の決定版であるソフト闇金なのです。

http://xn--pckwb0czds04urexhi3c3zi.jp.net/

Menu

HOME

TOP