金融業界におけるブラックリストに載せる

金融業者から融資を受けた場合、当たり前の話ですが、借りっぱなしのまま返さないということはできません。

ところが、このどうみても当たり前の話がなかなか通用しないのが切羽詰まった金の沙汰のじつに難しいところで、返済の遅延や、踏み倒しなどは、日常的に、平気で行われています。

返済の遅延、あるいは、踏み倒しなどを行い、金融業者とトラブルを起こした顧客に対しては、当然ながらペナルティが発生します。

延滞や踏み倒しによるブラックの雪だるま式落下

そのペナルティは「金融業界におけるブラックリストに載せる」というものです。これがいわゆるブラックと呼ばれる処置です。

ブラックになると、大手の消費者金融などの融資を受けることができなくなります。

ブラックの情報は金融業界で広く共有されており、どこでお金を借りようとしても、ブラックというだけで門前払いになるわけです。

ブラックになった顧客が次にすがるのが闇金と呼ばれる融資です。この闇金でさらに遅延や踏み倒しなどを行い、闇金にもブラック認定を受けた場合、最後に辿り着くことになるのがソフト闇金です。

度重なる延滞の先に待っている金融業界の地獄

ソフト闇金は、よほどのことがない限り、あらゆる顧客に融資をします。どれだけブラックであろうとも、ソフト闇金だけは、ブラックを見放すことはありません。

当たり前を守ることができないブラックが最終的に流れ着くソフト闇金は、ブラックでありながらまだ金を借りようとする人間が落ちる地獄のようなものです。

http://cafe-leonard.com/

初期段階で遅延や踏み倒しなどをせず、ブラックにならないことを心がけて融資を受ければ、鬼が取り立てを迫ってくる高金利の地獄に落ちるということはありません。金融業界の地獄に落ちないように、当たり前のことはちゃんと守るに越したことはありません。

Menu

HOME

TOP